呟き2
人は純粋さとは無縁のところで漂う浮き草のようなもの。

ふらふら、ゆらゆらと、
所在なく風に揺られる。

教えられたものは、心の土台となると共に、
処刑台の枷ともなる。

泰然とした決まり事が、
人の心の上に重くのし掛かる。

でも、動かないように優しく手を繋いでいてくれるものでもない。

人は混沌の中でさまよい吹き荒ぶ木枯らしのようなもの。

悟りを求め彷徨っても、
いつも悩みに苛まれる。
[PR]
by jng1earth | 2006-04-30 12:48

<< 呟き3      呟き1 >>

自由を求めて空翔る魂の1/3(ジンの独り言)
by jng1earth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31