今日
高校生の娘の学園祭に行って驚いたことがあった。
教室を回り、色々な展示を見て回っていた時のことだが。

文芸部の展示を見ている時のことだった。

私も高校3年の時は文芸部だったので、同じような展示をしていたと思うのだが、文章から読み取れる悩みは、今の私のものと大して変わらなかったのだ。

これは、私が成長していない事を訴えるものだったのかもしれないが、実は人間はいくつになっても、悩みは一緒なのではないかということを私に悟らせた。

姿を変え、形を変えてくるので、一見同じように見えないけれども、本当はいつまで経っても変わらない悩みを抱えているのではなかろうか?

確かに色んなことを見て、経験も積んできたけれど、行き着く悩みは同じなのかもしれない。

人は何時になっても、幾つになっても、同じ悩みを悩んでいるのだ。
[PR]
by jng1earth | 2006-06-04 01:22

<< 前を向いて歩くための      光がひとつ、 >>

自由を求めて空翔る魂の1/3(ジンの独り言)
by jng1earth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31