紙と鉛筆を持って、
紙と鉛筆を持って、風呂に入ろう。
何か新しい夢が描けるかもしれない。

そう、
そんな邪悪なものでもなく。
そんなにいやらしものでもない。
言葉をひとつひとつ綴って、
新しい世界を思い描こう。

最近は本当に夢など見なくなった。

現実に振り回されて、
つまわなそうに口を尖らせるばかり。
他人の家のことが良く見えて、
羨ましがるばかり。

いつまでも、そんなことに捕らわれていては、
何も先に進まないから。

夢と切り離されていては、
何も希望が見出せないから。

紙と鉛筆を持って、風呂に入ろう。
何か新しい夢が描けるかもしれない。
[PR]
by jng1earth | 2007-02-20 08:50

<< 途切れそうになる息を      夢は >>

自由を求めて空翔る魂の1/3(ジンの独り言)
by jng1earth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30