共謀罪は
どうなるのか?

正義と法律はイコールではない。

社会と正義もイコールではない。

では社会と法律を結び付けているものは何なのか?

権力を持った人間のご都合主義の社会。

三権分立は制度さえ執行していればいいというものではない。
その内容を理解し、意識的に守っていくべきものなのだ。

法律の隙間をつくことが当然と思っているこの社会で、共謀罪を作り上げて何を守ろうと言うのか?
それよりルールを守る事の大切さを教える教育の方が必要ではないのか?
表と裏のない社会の体制を作り上げる事の方が大切ではないのか?

日本はまっしぐらに戦争に向かえる体制を整えていっている。

法を考える者も、法を作るものも、法を執行するものも、法が守るべきものを理解していない。
だから、戦争が終わった時点で、これだけは無条件で守らなければならないと思ったものを、今次々と破壊していっているのだ。
そして、それが間違っていると考えている者でさえ、なぜ間違っているのかは理解していない。

共謀罪は戦争から離れていくことと、戦争へ向かっていくことの分岐点。

でも、平和ボケした世の中では、それも理解されない。

戦争の無い世の中イコール平和ではない。

平和ボケした社会では、正義を無視した社会では、武器をもたない戦争ばかり。
[PR]
# by jng1earth | 2006-05-14 09:31


呟き5
文字を重ねていると何か答えが見つかるのだろうか?

人に悩み、仕事に悩み、人生に悩んでいて、言葉を綴ることしかできない自分にさらに悩み、それでも僅かな文字をしたためては自分を慰めている。
けれど、それで答えが見つかるかどうかも分からない。

前はもっと夢を持っていた気がするのに、いつの間にか自分の限界に気付いて未来を閉じてしまった。

本来の自分の姿を取り戻したくて、色々な思いを巡らせても、どこかで壁に突き当たってひっくり返されてしまう。

悩まないと大きくなれない、悲しみを乗り越えないと成長しないなんて言うけれど、もう沢山だ。
[PR]
# by jng1earth | 2006-05-12 11:16


今の自分を
何と表現すれば良いのだろう。

生きるシカバネ?
そんなありきたりな表現では語りきれない、自分がいる。

何度も何度も自分の存在意義を問い正し、納得しては追い込まれ、頷いてはひっぱたかれ、必死になって生きてきた。

生きることとは辛いこと、人生は登り下りというけれど、あまりに苦しい時間が多すぎる。

(必死に)もっと気楽に生きようとしても、人の視線が気になって、思うようには生きられない。

もともと親が厳しかったから自分の人生があったようにも思えないが、仕事が辛くなると、今更ながらに「これは親父の代理人生のようなものだから」と思う。

とはいえ、家族は養っていかなくてはならない。

ならば本当は、今の環境で、楽しい自分を作っていかなければならないのだろうが、どうしても合わない。楽しいと思えない。

せめて、自分を表現する言葉でも見つかれば、少しは気が休まるのかもしれないが。
[PR]
# by jng1earth | 2006-05-12 05:08

    

自由を求めて空翔る魂の1/3(ジンの独り言)
by jng1earth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31